お客様へご案内 西予苔園の現在の状況について

苔作家兼苔農家が教えるオオカサゴケの特徴と上手な育て方、増やし方

オオカサゴケ。苔テラリウム好きの方や苔愛好家の方にとっては、とても人気のある苔です。

栽培中のオオカサゴケ

はじめに

花が咲いたような葉を広げ、透明感のある透き通った緑の葉が印象的な見た目は、苔とは思えないほどきれいな美しい姿をしています。

苔テラリウムではワンポイントのアクセントにオオカサゴケを添えると、華やかな印象になるのでオオカサゴケを使って作品を作られる方も多いかと思います。

ただ、オオカサゴケは育てるには少し難易度が高い印象がありますよね。自生している天然のオオカサゴケも、秘境のような場所にしか自生していないため、夏場に枯らしてしまうケースや、植え付けてから葉が縮んで傷んだり、新芽がキレイに開かず成長が止まってしまうといったトラブルも多く聞きます。

そのようなオオカサゴケですが、実際にオオカサゴケを栽培して出荷している苔農家であり、苔テラリウム作家の私が、オオカサゴケを育てた経験の中で得た、上手な育て方や増やし方など、解説できればと思います。

オオカサゴケの基本情報

オオカサゴケは、学術名Rhodobryum giganteumと記述します。
ハリガネゴケ科カサゴケ属オオカサゴケと分類されます。

大きな傘を開くような見た目の大型の苔です。山奥の多湿な渓流沿いや、常に水がしたたり落ちている涼しい山奥の斜面などに広く分布している姿を見ることができます。

愛媛県内のオオカサゴケのポイントの群落の一部。

愛媛県内のオオカサゴケのポイントの群落の一部。

大きな茎があり、地下から直立に伸びた茎から大きな葉を開き、円形の傘のような広がり方をします。

インターネット上の記述では「地下茎で伸びる」という記述がありますが、オオカサゴケの地中にある茎は「匍匐茎(ほふくけい)」が正しい呼称です。

地下茎とはオオカサゴケやコウヤノマンネングサなど大型の苔に見られる地中を長く這う茎を呼ぶ呼称としてインターネット上では良く記述されていますが、オオカサゴケの地下に埋まっている長い茎は匍匐する茎として「匍匐茎」と学術的には呼称されます。ちなみにコウヤノマンネングサの地下茎は学術的には「一次茎」と呼称されます。

苔愛好家のバイブルである大型コケ図鑑「日本の野生植物―コケ」のオオカサゴケの項目を引用すると以下の通りの記述です。

大型で,地下に長い匍匐茎があり,直立茎は長さ6-8cm,鱗片状の赤紫色の小さな葉が中部以下につき,茎頂に大型で濃緑色の葉が集まって,湿ると横に展開して傘を広げたようになる。これらの葉は狭い基部から長い倒卵状披針形に伸び,長さ1.5-2cm,狭く鋭頭。葉緑の舵は不明瞭,上半の縁には鋭い対になった歯が並ぶ。中肋は葉先に終わる。葉身細胞は六角形,長さ100-120μm,厚壁で所々にくびれがある。雌雄異株で朔は稀。朔柄は頂生し,1茎に1-3本,長さ6-8mm。朔は長さ約8mm,長い円筒形でほぼ相称,胞子は径10-15μm。染n=10,11。林下の腐植土上などに群生。[分布]本州〜琉球;朝鮮,中国,熱帯アジア,ハワイ,マダガスカル。

平凡社 日本の野生植物―コケ 岩]月善之助著 より引用 –

分布の記述を見ると意外と南の地域や南国の地帯でも分布しているようです。カサゴケはもう少し寒い地域に分布が限定されるようです。

オオカサゴケの近緑種でカサゴケ、カサゴケモドキがあります。オオカサゴケと近緑種との違いは、顕微鏡を用いて葉の側面を観察し、対になった鈎歯を確認できればオオカサゴケと学術的に分類されます。カサゴケやカサゴケモドキは歯の側面の鈎歯は対にならず1本のみです。

オオカサゴケの同定検査時の画像

オオカサゴケの特徴である葉の側面にある対となっている鈎歯を確認し同定しました。

オオカサゴケという名前から、個体の大きいものがオオカサゴケ、小さいものがカサゴケと言われてしまうことがありますが、見た目の大きさではオオカサゴケとカサゴケの判断はできないため注意が必要です。

見た目はほぼ同じようなカサゴケの仲間の苔であるオオカサゴケ・カサゴケ・カサゴケモドキは、苔テラリウムや園芸の範囲ではひとくくりにカサゴケとして扱っていることもあります。

栽培中のオオカサゴケの栽培トレーの画像。大小様々なオオカサゴケが存在しているので、単純に見た目の大きさだけでオオカサゴケ、カサゴケ、カサゴケモドキを判断するのは不可能です。

自生ポイントの特徴

西予苔園がある愛媛県でも複数の自生ポイントを確認しています。

渓流地、渓流地のそばの水がしたたるような斜面、山奥の秘境のような林道に沿って流れる清流沿いの地面に広くまばらに群生しているのを確認しています。


このようなものすごい山奥の林道の横の渓流の側に。

このような群落を作っています。

愛媛県では人里の近くではみられず、人里離れた場所に群生している傾向にあります。

無許可の自然採取、ダメゼッタイ

オオカサゴケの生息地は日本全国的にみても年々減少傾向にあり、複数の自治体で絶滅危惧種、絶滅危惧Ⅱ種などに指定されています。主な原因は園芸目的での採取。

オオカサゴケのレッドデータブック。日本国内でオオカサゴケの指定状況を確認できる -画像引用:日本のレッドデータ検索システム

注意
近年でもインターネット上に自然採取されたオオカサゴケが販売されていることがありますが、自生している植物を無許可で採取することは違法な行為です。

特に希少種の苔は園芸目的での採取が絶滅の主な要因として危惧されており、いまなお無許可で自然採取する苔の販売業者や個人などが跡を絶ちません。インターネット上や個人間売買アプリなどを通じてそれらの苔をうっかり購入しないように気をつけましょう。

西予苔園では、このような自生苔の保護の観点から苔栽培を開始し栽培苔を販売しています。もしオオカサゴケが欲しいと思われましたら、安心安全にご購入できる栽培種のオオカサゴケを西予苔園のオンラインストアでオオカサゴケを販売中です。

西予苔園オンラインストア

オオカサゴケを上手に育てるための育成ポイント3つ!

オオカサゴケが自生している環境からもわかる通り、空気中の湿度が高く乾燥には弱いです。成長には少し時間がかかり、新芽が出て立派なオオカサゴケの株に成長するには半年〜7ヶ月はかかります。

栽培開始してから7ヶ月後頃のオオカサゴケ。新芽がキレイに開き出荷できる状態の大きさになる株も出てきました。

苔テラリウムなどで、オオカサゴケをキレイに長く維持したい上手に成長させてみたい新芽を発芽させて育ててみたいという方もいらっしゃるかと思います。

オオカサゴケを上手に育てるには、3つポイントがあります。

オオカサゴケを上手に育てる3つのポイント
  1. 日陰から半日陰の明るさ
  2. 葉の水分の維持
  3. 容器の空気管理

それぞれ解説します。

オオカサゴケの設置場所や明るさについて

まず大前提になってくるのが育てる場所の明るさです。自生しているオオカサゴケは渓流近くの林の中の湿った土壌の上に群生を作っていることが多く、日陰地もしくはたまに木漏れ日が指すような半日陰の場所で自生しています。

ご家庭でオオカサゴケを上手に育てたいと思うなら、「明るい日陰」の場所に置くようにしましょう。

明るい日陰とは

もしお手元に照度計がある場合は照度計を使ってください。オオカサゴケにとって適切な明るさは500lux〜4000luxの間です。

参考までに、曇の日の13時頃、北側の窓際がおよそ2700lux。
同じく曇りの日の13時頃、東側の窓際、少し暗いかな?と感じる室内で1000lux前後です。

家の中は普通に明るく感じるような場所でも思った以上に暗いです。窓から遠いキッチンやトイレなどで明るいと感じる場所でも実際照度計で明るさを測ってみると100lux〜300lux程度しかない場合もあります。500lux以下だと光量不足でオオカサゴケが上手に育ちません。

蛍光灯の光やLEDスタンドのようなライトなども活用しながら、オオカサゴケに最適な明るさを確保できる設置を確保しましょう。

照度計が1つあると便利ですよ

苔愛好家の方や苔テラリウムを始められようとしている方には、照度計が一つあると便利です。ぜひこの際に一つご購入されてみてはと思います。

Amazonで商品を見る

直射日光や間接的にも日の光が当たる場所はNG

直射日光が当たる場所、明るい日の光が間接的に当たるような場所も避けるようにしてください。

オオカサゴケの葉は太陽の光を直接受けるとすぐに傷んでしまいます。太陽の光から受ける熱にも弱く紫外線にも弱いです。苔テラリウムはオオカサゴケに限らずすべての苔テラリウムで直射日光はNGです。

容器内が太陽の光で蒸れてしまいサウナ状態になり苔がすぐに痛みます。1日でダメになる場合もありますので、絶対に直射日は避けましょう。

このような感じで葉の先端から茶色に変色して傷んでいきます。これは、西日に1時間ほど当たってしまった容器なのですが、少し西日に当たるだけですぐに傷んでしまう繊細さがオオカサゴケの特徴です。

直射日光ではなくても逆に明るすぎると葉が茶色に変色しやすくなります。LEDライトなどで光量を確保する場合は明るすぎにも注意してくださいね。

オオカサゴケの葉の水分維持について

私が育成しているオオカサゴケの農場は、オオカサゴケの自生地のような湿度の高い渓流のような場所ではありません。夏場には当然のように30℃を超えるような暑い日が続きます。

栽培農場とは他に、自宅でも栽培実験を行っているオオカサゴケがあります。自宅で栽培実験をしているオオカサゴケは、夏場の気温を下げて温度を管理するような設備も使っていませんが、オオカサゴケはキレイに瑞々しいままで成長してくれています。

オオカサゴケの栽培実験・観察を続けている自宅のコンテナ。7ヶ月経過しているオオカサゴケの状態。ミストが常時出ているミスト環境で育っています。自宅裏の日陰のスペースに置いており夏場は30℃超えていますが問題ありません。

このように夏場には普通に暑くなる環境でも、上手にオオカサゴケを育てられているのは、葉の水分コントロールにあります。

オオカサゴケを自宅でも上手に育てたい場合は、葉の乾燥に十分注意してください。苔テラリウムの場合は必ずフタ付きの容器にしましょう。

フタ付きの苔テラリウムの場合でも、空気の循環が多くある容器であれば1日で葉が乾燥状態になることがあります。

私が作っている苔テラリウムで、オオカサゴケを使用している作品の容器は、フタが少し浮いていて空気が循環されるようにしています。この隙間が空きすぎてしまうとオオカサゴケの乾燥スピードは早くなります。

容器と葉の状態によって、葉の乾燥具合を見極めながら、必要に応じて適宜水を上げるようにしましょう。水をあげる場合も、葉にしっかり水分を与える必要があるので、霧吹きであげるのをおすすめします。

「オオカサゴケは乾燥に弱い」をもう少し掘り下げる

乾燥するとオオカサゴケの葉は自然に葉が縮れていきます。

葉が少し乾燥するだけなら良いのですが、カラカラに干からびるような極度な乾燥が1番ダメージが大きく危険です。カラカラに縮れた状態が丸1日でも続くと、葉が茶色に変色し復活しない状態まで傷んでしまうことが多いです。

強い乾燥のほか、地味な乾燥状態を繰り返し発生させてしまうのも葉を痛めます。
乾燥して水をあげるという行為を繰り返すことで「葉が縮む→広がる」が繰り返されます。この繰り返し回数が多くなるとオオカサゴケの葉のダメージが蓄積され、葉が切れてしまう、小さい葉のままになる、葉が開かないままになってしまうことがあります。

一定の適度な水分量が葉に維持できればベスト

私が自宅で栽培実験を行っているオオカサゴケは、ミスト発生機を使って常にミストが容器内を充満している状態になっています。このようなミスト環境で育てていると、夏場の暑さが30℃超える日が続いてもオオカサゴケは徒長もせず、キレイな自生している株のように美しい姿で瑞々しい状態で元気に成長してくれています。

栽培している農場のオオカサゴケにもこまめに水分コントロールを行っていますので、夏場30℃超える状態でも瑞々しいまま成長してくれています。

栽培と実験を通じて感じるのは、オオカサゴケは水分のコントロールが上手にできていれば、暑さは意外と乗り越えてくれるということです。

さすがに夏場の暑い時期に新芽が旺盛に出るということはないですが、暑い時期に入ると葉の成長プロセスの段階になり葉の枚数が増え大きく成長してくれます。オオカサゴケ単体での育成に関していえば、暑くても割と元気に育成してくれますよ。

自宅の苔テラリウムでも、オオカサゴケの葉の状態をこまめに観察し、必要に応じて適量の水をタイミングよくあげることができれば、上手に育てることができます。

水のあげすぎによるトラブルには注意

オオカサゴケに限らず苔テラリウム全般的に言えることですが、水分をあげすぎる状態が続くと、それもまたトラブルに繋がるリスクが増えます。

藻が発生して容器の美観を損ねてしまったり、容器内の有機物からカビが発生して苔がやられてしまうなどのトラブルが出て来ますよね。

オオカサゴケを蒔きゴケしている容器で水分過多の状態が続くと、葉は黒ずんだ色になります。そして古くなった葉の部分からカビが発生することが多いです。

これはオオカサゴケではなくコウヤノマンネングサですが、藻&カビのダブルパンチ。

水やり頻度が多くなることで容器内に水がたまり過ぎた場合は、余った水をスポイトで除去しましょう。

容器内の汚れなどもこまめにキレイに掃除してあげるようにすることも大切です。

カビ対策にはベンレートが有効ですが、最近私はヒバ油やヒノキ油を水に溶かしたアロマ水を自作し、ベンレートと合わせて定期的に苔テラリウムに使ってカビ予防をしています。

意外と暖かい場所でも上手に育つ

ここまでで何度もお伝えしていますが、オオカサゴケは温かい場所でも上手に育ちます。

山奥などの秘境、渓流などに自生しているイメージから、涼しい場所でないと育てられないというイメージが私もありましたが、西予苔園のある愛媛県の地でも栽培できています。

栽培実験のためにオオカサゴケを自宅の屋外でも栽培していますが、空気中の水分量さえ確保できれば温かい場所でも上手に育ちます。

図鑑の記述のとおり琉球地域やハワイなどでも分布が確認できることから、温かい場所でも元気に育てるのは可能です。

いっぽうカサゴケは寒い地域に分布する傾向にあるようで日本でも四国を南限とし、雪多地域や日本海側に多く分布。世界的にもヒマラヤや欧州、北米西部と寒さが強い地域に限定されています。カサゴケの分布とオオカサゴケの分布が混同されてしまい、なんとなく定着してしまっている感じですね。

容器の空気管理

続いて、容器の空気の管理です。

容器の中の空気が密閉されてしまうと、空気の循環がなくなります。そうするとオオカサゴケは上に上に伸びてしまい葉がキレイに開かなくなります。

空気の流れを遮断した密閉容器で育てたオオカサゴケ。葉が開ききらずひょろっとしているタイプの徒長。

徒長(とちょう)って?

このような現象を『徒長(とちょう)』と言いますが、適度な空気の循環が無い環境だと徒長しやすくなります。徒長すると茎だけが上に伸びて間延びしたような形になります。そして、徒長するとキレイに葉が開けなくなるケースが多いです。

キレイな形で葉を開かせるには新鮮な空気の循環が大切になってきます。葉の乾燥を気にしすぎて容器を密閉してしまうと、このような問題が起きるため、適度な空気の循環が必要になります。

そのため、西予苔園の苔テラリウムはオオカサゴケに限らずフタに適度な隙間があくようにスペーサーを付けてフタと容器の間の隙間が調整できるようにしています。

容器の形状や使用する苔によってその隙間を微妙に調整しながら最適な空気の循環ができるように、それでいて乾燥し過ぎないようにしています。

徒長に関しては、空気の循環の問題のほか以下のようなケースで起こります。

  • 明るさ不足
  • 水のやりすぎ

こちらは栽培途中で光を一部遮ってみたときにみられたオオカサゴケの徒長。本来葉が開く場所で徒長が始まり上に茎が間延びしていく。

オオカサゴケは成長に時間がかかる

西予苔園では複数の苔栽培をしていますが、オオカサゴケは特に成長に時間がかかる苔だなと実感しています。

オオカサゴケは種ゴケの播種から、出荷できる状態になるまで約7ヶ月かかりました。7ヶ月経過してもなお未熟なオオカサゴケもありますので、全体的にはもう少し時間がかかると思われます。

苔テラリウムの容器内で育っているオオカサゴケはもう少し成長が早い印象です。苔テラリウムの場合は、親株を植え付けてから環境が合えばすぐに新芽を伸ばすこともあります。そのまま好条件の環境に設置していれば、新芽から親株に成長するまでに3ヶ月程度で成長した株もあります。

苔テラリウムで植え付けた場合は比較的成長は早いですが、栽培目的や増やす目的で蒔きゴケなどで育てた場合は成長に時間がかかる特徴があります。

オオカサゴケの増やし方

オオカサゴケを上手に育てていくと新芽を出すことがあります。

苔は基本的に苔の種に応じて芽吹きのタイミングが決まっています。寒い時期に芽吹きが旺盛になる種や、温かい時期に芽吹きが旺盛になる種など様々ですが、オオカサゴケはどのようなタイミングで芽吹くのでしょうか?

芽吹きの条件を知っておけば、上手に増やすことも可能ですよね。芽吹きのタイミングも少し深堀りしましょう。

オオカサゴケの芽吹きのタイミングと芽吹き条件とは?

自然界で自生しているオオカサゴケは基本的には新芽の芽吹きは春頃と秋頃。暑さ寒さを超え比較的に過ごしやすいタイミングに一斉に新芽を出します。室内ではそれ同等の気温環境になると季節に関わらず新芽を出してくれます。

インターネット上の情報では「梅雨を超えた頃に新芽を出す」という情報がありますが、私が実際に確認した自生地(愛媛県)の株や、栽培している株、栽培実験での結果ともに梅雨前には芽吹きが完全に終わっていました。芽吹きに関しては正確には土壌温度が深く関わっています。

オオカサゴケは芽吹きのタイミング、葉を出すタイミング、葉を旺盛に成長させるタイミングと、3つの成長プロセスに分けられ、それらの条件は温度や風、日光の量などで分岐しているようです。観察の結果から発芽温度や各成長プロセスの分岐条件など明らかになりましたが、これらの詳しい内容はまた別の機会に。

オオカサゴケの繁殖は2種類あり、「有性生殖」と「無性生殖」と呼ばれる繁殖の仕方をします。

有性生殖とは

有性生殖とは、胞子を付けてその胞子を飛ばし新しい芽を出す繁殖方法です。オオカサゴケは本来、雌雄別株といって、雌株と雄株は別の株です。かつ胞子をつけることは稀だそうですが、私も胞子を付けているオオカサゴケはみたことはありません。

オオカサゴケを胞子で増やしたいと思っても、自然環境でも稀なケースなので、有性生殖でオオカサゴケを意図的に増やそうと思っても現実的にはほぼ不可能です。

無性生殖とは

オオカサゴケを増やそうとする場合、無性生殖の方法を取ります。無性生殖とは自分の体の一部からクローンのように芽を出して増える繁殖方法です。栽培や苔テラリウムでオオカサゴケが自然に新芽を出す場合もこの無性生殖で増えていることになります。

苔の無性生殖では体の一部であれば葉や茎など苔の体のどこからでも芽を出します。苔テラリウムで植え付けているオオカサゴケであれば茎の根本から新芽を出すことが多いですが、葉のてっぺんから新芽を出すこともあれば、茎の途中から脇芽のように芽を出すこともあります。

蒔きゴケ

無性生殖の方法もいくつか手法があります。少ない種ゴケから効率よくたくさん芽を出したいという場合は「蒔きゴケ(まきごけ)」という方法で増やします。

蒔きゴケ法によるオオカサゴケの播種直後の栽培トレー。

無性生殖の性質を応用して、茎をハサミなどで刻んで用土に蒔いて発芽を待つ方法です。苔栽培では蒔きゴケで栽培する場合がほとんどです。

蒔きゴケの場合は、茎の刻み方でも新芽の成長の仕方に影響し、細かく刻みすぎると出てくる芽の成長に時間がかかる傾向が強くなります。あまり細かく刻みすぎない程度に撒いていくのが良いかもしれません。

色々な無性生殖による栽培実験をこのように行っています。

茶色くなったオオカサゴケからも芽が出る

育てていても上手に育てることができず、茶色の変色してしまったという方もいらっしゃるでしょう。

茶色に変色してもまだ諦めないでください。茶色に変色したオオカサゴケからも新芽は出ます。茶色に枯れたからといって捨ててしまわずに、茶色になった場合はそのまま新芽を出すために別容器で栽培実験をされてみるのも楽しいのでおすすめです。

上手に育てることができれば、新芽が出てまた新たな株でオオカサゴケの苔テラリウムを楽しむことができるかもしれませんよ。

状態の悪くなったオオカサゴケを小さい容器に蒔きゴケしたもの。数ヶ月後にはこのように新芽をたくさん出してくれるようになります。

オオカサゴケのおすすめ栽培方法

ここまでオオカサゴケの特徴や育て方、増やし方などをご紹介しましたが、オオカサゴケを観賞用に育てて楽しみたい方にとって、一番オススメの育て方はやっぱり苔テラリウムです。

苔テラリウムでオオカサゴケを育てる場合、大切なポイントとしては大きめの容器かつフタが付いた容器を使うようにしましょう。

小さい容器では容器内の容量が少ないので容器内の環境が変化しやすく、最適な環境の維持が難しいのでオオカサゴケには不向きです。小さい容器にオオカサゴケを植え付けると葉の変色するスピードがかなり早く私でもオオカサゴケを上手に育てることはできません。

大きめの容器だと、容器内の環境が安定しやすいのでオオカサゴケを使って苔テラリウムを作る場合は大きめ容器が断然おすすめです。高さのある容器や内容量の大きな容器を使って、水を好む苔と合わせてみると苔テラリウムの作品としては長く維持できるのではと思います。

常時ミストが発生できるようなパルダリウムのような環境であればなおよしです。私が栽培実験を行っていた容器では常にミスト発生機でミストを出していますが、この環境はオオカサゴケにとっては一番良い環境のようですので、今後私も常時ミストを発生させるような作品を作りたいと考えています。

パルダリウムの苔版のようなイメージですね。できましたらまたこちらのブログやYouTubeでご紹介できればと思います。

以上、オオカサゴケの育て方や増やし方などのご紹介でした。参考にして頂ければ幸いです。

オオカサゴケの育成を安心して楽しめる苔テラリウム制作キットを販売しています

そだつ、ふえる、めでる。がコンセプトの苔テラリウムの制作キットです。安心してオオカサゴケやコウヤノマンネングサの育成を楽しめる苔テラリウムが欲しい方にオススメです。

『めでる』シリーズの販売を開始:苔を「育てる」「増やす」に特化した苔テラリウム制作キット

コウヤノマンネングサの栽培に成功しました

2021年5月より、念願のコウヤノマンネングサの栽培に成功し販売中です。

希少種の苔「コウヤノマンネングサ」の人工栽培に成功し販売開始しました

コウヤノマンネングサを使った苔テラリウム制作キットも販売中です。

苔テラリウム制作キット「コウヤノマンネングサの岩」を発売しました

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram
YouTube
Facebook
Twitter
SHARE